あなたのクリックが助けになります

記念硬貨買取相場こうなる 価格例から売り先決定

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例も! 財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手等買取価格50万円!
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

たかがコインではありません。造幣局が製造した記念コインは、もとのお金以上の価値が出ます。しかし買取相場は常に動いています。昔のほうが高価だったこともあるのです。高く売るには今が良いか。どこで高く売れるのか。今後の買取価格の予想と、買取会社をご紹介します。

コインメダル鑑定ガイド役

記念硬貨価格例

2002年FIFAW杯記念1万円金貨
造幣局販売価格 40,000円
買取価格 額面以下~50,000円

東日本大震災復興事業
千円銀貨カラー
造幣局販売価格 9,500円
買取価格 額面以下~5,000円

記念硬貨は安く買い取られると、額面以下になります。反対に販売価格よりも買取価格が高くなる例もあります。

  • 未開封美品が高い
  • 単品よりはセットが高い
  • プルーフやプレミアム貨幣が高い
  • プレミアムカラーが貴重

コインの場合、換金率のように割合で価格は決まりません。1万円金貨が90%の9千円にはならないのです。バイカラークラッドや地方自治法施行60周年記念のような特殊なコインもあります。

記念硬貨の買取価格は鑑定してみてわかります。

◆プルーフ貨幣セット
500円+100円+50円+10円+5円+1円=666円
特製ケース入り 特製メダル付
記念メダル単品でも買取価格が高い

※以下は造幣局の販売価格
・ミッキーマウス2003
13,000円

・鉄腕アトム誕生記念
7,350円

・フランダースの犬
13,000円

・ジャングルの大帝テレビ放送50周年
13,371円

・ウルトラマン放送開始50年
13371円

・ハローキティ誕生30周年
オープンプライス

・くまのプーさんとなかまたち夢と冒険の80年
オープンプライス

・ドラえもん誕生35周年
オープンプライス

・石原裕次郎デビュー50周年記念2006プルーフ貨幣セット
13,000円

・鉄腕アトム 記念硬貨
平均落札価格 4,167円

・ドラえもん 記念硬貨
平均落札価格 3,400円

・ハローキティ 記念硬貨
平均落札価格 3,359円

相場より高く売る方法

コインメダル買取おすすめ理由

金、地金相場は貴金属店の公式HPにあります。ただ、この相場より高く売るには売り先選びで決まります。

バイセル、買取プレミアムは他店とは違います。

バイセル、買取プレミアム

買取対応品目
古銭 記念コイン 着物 切手 毛皮 アクセサリー 金券 金 プラチナ ダイヤモンド ブランド 時計 宝石 骨董 洋服 洋酒

他では、骨董品は骨董店。古銭はコインショップで換金します。一度にたくさんまとめて売れることで、高価買取になるのです。

意外なものが高く売れます。「なんでも鑑定団」のように自分の予想額と実際の査定額は違うのです。無名の着物やノーブランドの洋酒、時計でも値段が付くものがあります。

・独自の流通で高く買い取れる
・記念硬貨の相場に詳しい
・買取専門として便利
・たくさん売れる

店舗を持っている会社には悩みがあります。大手のFC店などが良い例です。店舗の土地代や人件費、維持費が圧迫するのです。駅前は土地も高く、買取価格をもっと上げるのは難しくなります。

バイセル、買取プレミアムはこの点が他より優れています。コストカットができて合理的です。記念硬貨でも売れる種類が多く、相場より高く売れます。日本全国対応できるのも、郵送買取と出張買取があるためです。沖縄や四国地方に出店する必要もありません。

記念硬貨古銭今いくら聞きたい

買取相場予想

記念硬貨の買取価格は定価ではありません。ただ、FXや株の価格のような急激な変化は出づらいものです。記念硬貨の売買、投機的な取引が少ないからでもあります。

記念硬貨の買取相場は時間がたてば変わります。

◆価格が変わる例

  • 在庫の変化
  • 市場の流通量
  • 市場価格
  • 記念硬貨の人気売れ行き
  • 偽物コピー品の横行
  • 金、銀など貴金属価格
  • プレミアムの増減

今後値下がりするなら今が売りどきということです。記念硬貨の買取相場の可能性を考えてみましょう。

相場が値上がり

記念硬貨はそれぞれの国の造幣局が発行しています。アメリカのインディアンコインはもちろんアメリカの造幣局発行です。そしてお金として使うこともできます。国の信用力が価値を高めているのです。これは通貨そのものの相場と同じです。日本円が円高になるのは「円の価値が上がった」とみなされます。

記念硬貨が値上がりすることはあります。ただ、全てが上がるとは限らないものです。記念硬貨は発行数やプレミアム(付加価値、製造原価の高さなど)がそれぞれ違います。

◆記念硬貨の発行数
500~120,000,000枚
※一種類の発行数 種類により異なる

昔の記念硬貨では買取相場が低いものがあります。500円や1000円の開封済みなどがあります。札幌冬季オリンピック100円が良い例です。発行数が100万枚を超えていて、値上がり期待がもてません。

天皇陛下の10万円金貨などは、使用済みで裸のコインでも買取価格が高めです。金は相場が高くなります。額面よりも価格が上がるため、銀行で両替するよりも買取会社で換金するのがおすすめです。

数が多いものは値上がりしづらくなります。他のコインでも、世界で数枚という貴重なものが安定して高く売れます。記念硬貨は10万枚以上発行が多くなります。一部限定銀貨などが数千枚発行で希少価値が出ます

コインメダル鑑定ガイド役

相場が値下がり

◆買取相場が下がる原因
①記念硬貨の価値が低下
 コインのコレクターは減っています。収集家やその家族が大量に売りに出すと、相場も下がる傾向になります。プレミアム性がなくなることでも相場が下がるでしょう。額面より高い記念硬貨が、額面割れということもありえます。日本の金融不安や金融危機などがあると価格が変わるとも言われます。

②在庫が多く売れない
 供給過剰になると価格は下がります。記念硬貨を買いたい人が少なくなって、売りたい人が多くなることです。コイン収集人気は上がってはいません。コインが資産で投資価値があるといっても流行は来てはいないのです。生前整理や断捨離する人も増えてきています。

③取引価格が下がる
 価格が安くなる理由はいろいろあります。貴金属価格の下落や業者間取引などです。記念硬貨の売買をしているのは、コイン商や収集家やその他のショップなど他にもいます。原因不明の値下がりが起きれば、価格は暴落することもあるのです。プルーフ加工や貨幣セットの価値も下がれば、普通の単品価格と同じになる可能性もあります。

記念硬貨はお店や自動販売機では使えないことがあります。両替するにしてもATMは使用できません。大量のコレクションとなると、換金までに時間がかかるでしょう。

今後の相場を予想することは誰にもできません。現金、貯金が安全資産とも言えます。

売却処分前に知っておきたいこと
ネットでコイン買取がかんたん初心者でもわかるネット買取
出張買取押し買いクーリングオフどうやる実際?出張買取
コイン古銭鑑定詐欺悪質会社かんたんに記念硬貨高く売る
記念硬貨お店ATMで使えるか記念硬貨お店ATMで使えない?
コイン売却税金課税相続税記念硬貨買取すると税金かかる?
遺品整理自宅整理生前整理時期買取時期はいつがいい
処分先おすすめ理由どこがいいどこが良い?古銭記念硬貨買取おすすめ

あなたのクリックが助けになります