あなたのクリックが助けになります

金貨の換金先選び方 銀行OK?税金いらないの?

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例も! 財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手等買取価格50万円!
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

換金するのは意外と大変です!身分証や税金、鑑定まで時間がかかったりします。換金額は高いほうがお得ですよね。それなら換金先の選び方が重要ですよ

コインメダル鑑定ガイド役

換金時の税金 相続税

金・プラチナの売買にはどんな税金がかかりますか?
譲渡所得税
地金や地金型コインを売却し売却益が出た場合は譲渡所得として扱われ、総合課税方式による申告納税となります。この場合、地金などの売却益とその他の譲渡所得を合わせた金額に対して、年間50万円までの特別控除があります。
また、購入後5年以内での売却益は「短期譲渡所得」、5年超では「長期譲渡所得」として次のように扱われます。
○短期譲渡所得=売却益-50万円
○長期譲渡所得=(売却益-50万円)×1/2
積み立てなどで継続して購入した金・プラチナの売却益は、原則として雑所得扱いとなり特別控除はありません。
また、給与所得者(2千万円以下)は給与以外の所得が20万円以下であれば確定申告は不要です。
税金に関する詳しいことは所轄の税務署または税理士にご相談ください。
日本金地金流通協会より

金貨を換金したとき、50万円以下なら税金はかかりません。特別控除が50万円になるため、50万円以下なら課税額が0になるためです。

国税庁金地金を売ったときの税金

相続税は原則として、死亡した人の財産を相続や遺贈(死因贈与を含みます。)によって取得した場合に、その取得した財産にかかります。この場合の財産とは、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるすべてのものをいいます。
国税庁相続税がかかる財産

金貨は宝石になります。相続税の対象になるのです。金貨やプラチナなどは財産になります。相続税、贈与税の対象になります。贈与剤では合計額110万円以下なら税金はかかりません。詳しいことは所轄の税務署に相談しましょう

金投資、資産として金を買う人もいます。しかし相続税がかかるため、資産を他にうつす人もいるのです。不動産や外貨などです。江戸や明治時代の金貨、イギリスコインやアメリカコインなどは高額になるため、税金の計算でも課税額を超えてくることがあります。

金貨は換金して使えるようになります。使いたいときに使えるということでは、安全資産は現金か預金なのです。どこで換金するか迷ったらこちらがおすすめします。

お悩みですか?

記念硬貨優良鑑定先
バイセル 買取プレミアム公式HP ウルトラバイヤー
専門で早く高い
中高年向き
電話相談向き

銀行郵便局で換金できる?

記念貨幣は実際に使うことができますか?
記念貨幣も、通常の貨幣と同様に、使用することができます。ただし、記念貨幣は、いろいろな素材で作られていたり、大きさが異なったりするため、自動販売機などでは使えないことがあります。
日本銀行HPより

銀行では一部の金貨が換金できます。記念硬貨などです。昭和天皇御在位60年記念10万円金貨は金融機関では換金ができません。他にも額面価格とは違うこともあります。

銀行では現行の法定通貨が両替できます。つまり普通のお札と硬貨のみになります。金貨は価格が決まっていないため、いくらで換金するか決まっていません。銀行としては金貨をなんでも換金することはできないのです。

郵便局(ゆうちょ銀行)は両替はサービスの範囲です。ATMも設置されていない店舗もあります。記念硬貨が換金できたとしても、「日本銀行に送る」「時間、手数料がかかる」などと対応がわかれるでしょう。

記念硬貨の金貨、10万円や1万円などは換金はできます。この場合真贋鑑定で機械を使ったり、他の金融機関へ送るなど時間がかかることがあります。記念金貨は偽物もあるため、測定器や鑑定が必要になるのです。

地金型金貨や古い金貨、海外のコインなどは銀行や郵便局では換金はできません。外貨両替ができる銀行でも、投資用金貨やアンティークコイン、古銭は価値が違うからです。

金貨はお金として使いたいときには使えませんね。投資や収集品として保管してあっても、必要なときは換金先を探すことになります。

コインメダル鑑定ガイド役

換金率とは 金額いくらになる

◆10万円記念金貨換金率例
銀行 100%=10万円(手数料引かれることも)
買取会社A 200%=20万円
古銭商B 80%=8万円
換金率の高い金貨なら買取会社がお得

金貨は一律の換金率が決まっていないものです。種類ごとに独自の価格設定されます。

◆5万円記念金貨換金率例
銀行 100%=5万円(手数料引かれることも)
買取会社A 80%=4万円
古銭商B 買取拒否
換金率の低い金貨なら銀行がお得

世の中のほとんどの金貨は銀行では換金ができないでしょう。記念金貨では額面価格より高くなる種類もあります。これは換金率でいうと、200%以上の例があります。額面の10倍の査定額が出たこともありました。

記念硬貨でも中古品として査定して買取価格を決めます。中古車や古本、中古ゲームと同じなのです。金塊やゴールドバーでは重量や刻印、ホールマークなどから売値が決まります。鑑定基準が違うのです。

金貨はお店で使えるものもあります。これも記念硬貨です。ただ実際にはコンビニ、スーパーなどで断られることもあるのです。金貨はお店では使えないと考えるのが妥当です。

売却処分前に知っておきたいこと
ネットでコイン買取がかんたん初心者でもわかるネット買取
出張買取押し買いクーリングオフどうやる実際?出張買取
コイン古銭鑑定詐欺悪質会社かんたんに記念硬貨高く売る
記念硬貨お店ATMで使えるか記念硬貨お店ATMで使えない?
コイン売却税金課税相続税記念硬貨買取すると税金かかる?
遺品整理自宅整理生前整理時期買取時期はいつがいい
処分先おすすめ理由どこがいいどこが良い?古銭記念硬貨買取おすすめ

あなたのクリックが助けになります