あなたのクリックが助けになります

天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取価格と業者選び方

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例も! 財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手等買取価格50万円!
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

値上がりは?いくらの値打ちになるか、金貨は期待度が大きいものです。コレクションとしても希少価値が高く、入手困難。発行枚数が少い貴重品なのです

コインメダル鑑定ガイド役

買取価格いくらぐらい?

天皇陛下御在位30年記念1万円金貨
買取相場 100,000円以上(予想)
天皇陛下御在位30年記念プルーフ金貨天皇陛下30年1万円記念硬貨裏面
項目 参考価格
額面価格 10,000円
造幣局販売価格 95,000円
JNDA販売価格
金融機関引換 不可
傷汚れあり -1000円~
コインのみ -1000円~
天皇陛下御在位30年記念500円銅貨
買取相場 500円前後(予想)
天皇陛下御在位30年記念500円銅貨表天皇陛下御在位30年記念500円バイカラークラッド貨裏
項目 参考価格
額面価格 500円
造幣局販売価格 140,000円(金銅)
JNDA販売価格
金融機関引換
傷汚れあり -100円~
コインのみ -100円~

コイン画像財務省

天皇陛下御在位30年記念 買取価格比較

買取価格一覧表
日本記念硬貨 買取価格一覧表記念硬貨
外国コイン 買取価格一覧表外国硬貨
現行お金買取価格一覧表現行お金 
鑑定会社比較ランキング表記念硬貨買取ランキング比較

買取先どこがいい?

レアコインは買うこと自体が難しくなります。天皇陛下御在位30年記念硬貨は売り先選びだけで、大きく変わるでしょう。安いところと高いところではびっくりするほどの差が付きます

コインメダル鑑定ガイド役

Q.このコイン売れるの?
A.売れます
 500円の記念硬貨は銀行で500円で引き換えできるので、買取業者ではなくても換金ができます。500円は製造数が多いため、額面以上にはなりにくいでしょう。1万円の天皇陛下御在位30年記念では、金として10万円の価値があります。売りに出して実際にいくらの値段がつくか、品質やセット完品かなどで価値が変わります。

Q.新品未開封以外は売れない?
A.売れます
 開封済では価値が下がります。購入時についていたケースなど、付属品がなくなると買取価格は大幅に下がります。裸コインだと大きくマイナス。特に500円は額面以下で、買取業者から断られたり、銀行両替をすすめられることもあります。

Q.天皇陛下御在位30年記念の価値は?
 コレクターなら高い評価をつけます。もともと発行数が少ない事、菊花紋章と鳳凰という日本の象徴的デザインなどが理由です。欧米などから買い付ける人もいます。転売目的でりざやを稼ぐような業者もいるのです。

Q.500円の価値は?
 プルーフ2点セットでは、500円単品よりも価値が高くなります。500円は特殊な両面加工技術を使っていますが、発行枚数が多いために値段が上がりにくいのが残念なところです。実際にJNDAや古銭商、買取会社に査定していくらになるかは相手が決めます。業者によっても、値段の付け方は違います。

Q.業者の選び方は?
 天皇陛下御在位30年記念硬貨は比較してみると違いがはっきり。メールや宅配便、自宅での訪問査定など、方法はいくつか選べます。コインの鑑定では、大手の有名会社よりも古銭について詳しい会社を選ぶと良いでしょう。当サイトでも、業者比較しています。便利で高く売れるところはどこか。実際に鑑定すればわかります。

Q.買取価格が下がることは?
 昔の昭和天皇金貨では大幅に値段が下がった例がありました。10万円金貨が額面割れしたのです。偽造が発覚したためでした。天皇陛下御在位30年記念では、製造が難しく、もともとコストが高いので偽造自体が意味がありません。ただ、金の価格と連動していて、相場は決まっていません。今後の相場次第では上がることも下がることもあります。記念硬貨じたいの人気はないため、銀貨は値下がり傾向です。

 

どこで売るかお悩みですか?

記念硬貨優良鑑定先
バイセル 買取プレミアム公式HP 福ちゃんロゴ
専門で早く高い
中高年向き
対応良好関西向け

今後の価値は上がる?

記念硬貨価値・買取・投資判断表
項目 評価 詳細
希少性 B
発行枚数が少い。金貨は価値が上がりやすい
人気話題性 C
人気の天皇陛下。平成天皇最後の金貨として話題性あり
プレミアム性 B
原価よりも製造コストがかかっている。額面より価値が高い
資産価値 B
金貨は資産。買い取りでも高い値段。銅は両替可で一般収集家向け
値上がり期待 B
額面1万円だが10倍以上の値段が付く。当然価格の保証はなし
値下がり予想 B
500円は両替できて値下がりしやすい。セットの未開封品は下がりにくい
品質価格変動 B
セット販売のため、開封や汚れでの減額が大きい
換金性 C
1万円金貨は銀行両替不可。買取業者探しが必要
デザイン C
天皇の象徴。図案の変化は小さい。メモリアル性が強い

記念硬貨の詳細情報

天皇陛下御在位30年記念記念硬貨
項目 1万円金貨 500円クラッド貨
発行年 平成31年
表図柄 鳳凰と桐と白樺 儀装馬車と桐と白樺
裏図柄 菊花紋章
素材品位 金100%(純金) 銅75%
重さ 20g 7.1g
直径 28mm 26.5mm
発行枚数 50,000枚 5,000,000枚
販売時期 平成30年11月1日~11月21日
購入先
造幣局。造幣局のHPによるネット通販
特徴
製造コストが額面より高いプレミアム貨幣。プルーフ金貨単品販売、金銅セット販売、500円単品販売。500円はバイカラークラッド貨幣で、特殊な製造技術を使っている。期間限定発売
コイン査定前の注意点

あなたのクリックが助けになります