あなたのクリックが助けになります

マン島キャットコイン高く売るには?

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例も! 財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手等買取価格50万円!
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

外国コインは両替できません。高く売るならコインをまとめて鑑定することです。普通の人ではどれがレアコインかわからないからです。キャットコインの価値と買取店をご紹介します。

コインメダル鑑定ガイド役

どこで売る?高く売るには?

イギリスアンティークコイン価値相場

インターネットに慣れたユーザーはオークションで売るものですが、利用方法や規約などを理解して成立するものです。経験豊富な人ならヤフオクで高く売れると言いますが、マン島キャットコインのような外国の記念硬貨が思ったように高価で売れるとは限りません。

銀行で両替するにも対応している銀行を探さなければならないでしょう。外貨の両替を受け付けているといっても、イギリスポンドとマン島キャットコインでは種類が違います。

簡単な方法は買取業者に持ち込むことです。

古銭、記念硬貨、外国コインなど一度にまとめて換金ができます。出張買取で不用品をまとめて売ると査定額が10万円以上もありえます。

ペンダント入のものや、額面1/10オンスのコインなど種類から価格までそれぞれ違います。自分では価値がわからないからと言っても信頼できる業者なら適正価格で買取するでしょう。

個人売買でも高い値段すぎれば売れず、安すぎれば損をすることになります。相場を知らない一般人では良い取引をするのは難しいのです。

実績豊富で確かな鑑定のできる業者なら外国記念コインでも引き取ってくれます。昔は質入れするくらいしかありませんでしたが、今は女性査定員も在籍するなどで業界も変わってきました。質屋は後で取り戻すこともできますが利息の支払いがあるため、手放して売るなら買取業者にそのまま処分してしまいましょう。

断捨離や遺品整理などで古銭や古いお札を処分する人が増えています。コレクションの人気も切手やコインなどからアイドルグッズ、モデルガン、フィギュアなどに移っていきました。売りたい人が増えることで売値が下がっていくことも考えられます。マン島キャットコインは猫のデザイン性とロケット(ペンダント)タイプがあるなど種類も豊富です。

コイン名重量買取相場
地金型金貨買取相場一覧1oz
130,000~150,000円
メイプルリーフ31.10g
130,000~150,000円
バッファロー31.10g
130,000~150,000円
イーグル33.93g
125,000~145,000円
セントゴーデンス33.43g
120,000~140,000円
リバティ33.43g
115,000~135,000円
ブリタニア39.94g
150,000~170,000円
ソブリン34.05g
125,000~145,000円
マン島キャット31.10g
135,000~152,000円
ナポレオン32.25g
100,000~130,000円
ウィーン31.10g
130,000~150,000円
クルーガーランド33.93g
125,000~145,000円
カンガルー31.11g
135,000~150,000円
パンダ31.10g
135,000~150,000円

マン島キャットコインの価値

マン島キャットコイン買取価格

マン島キャット金貨は買取価格が安定的です。重量で決まるのは金と同じです。1オンスあたり10から15万円前後になっています。時価のため、将来の相場は予想できません。

マン島キャットコインとは1988年から2012年までマン島 (Isle of Man)で発行されていた記念硬貨です。表面にはエリザベス女王2世、裏には猫の刻印がありコレクター心理をくすぐります。

毎年製造されていたもので、猫や女王のデザインも違うものになってるプレミア品でしょう。

ゴールド自体がレアメタル。世界が再び金融危機になっても、価値を保ってくれます。

ペルシャ猫やシャム猫、マンクスなど愛好家が好みそうなデザイン性も人気の理由です。高額査定されるものなら一つで10万円以上と言われています。マン島はレースや記念イベントも開催されて独特の存在感を持っています。

日本の記念コインとは違ってイギリスの硬貨になるため国内では貴重な存在です。ただ記念硬貨の価値は下がる傾向にありますから、外貨でレアコインでも相場には注意が必要でしょう。

売値がいくらになるかは鑑定してみなければわかりません。

1/5オンスペンダント

1/5オンスペンダント

交換両替はできる?

両替といったら次のようなものがあります。

・銀行 郵便局
 一つでも交換可能。ただし記念硬貨は日本のもののみ。

・両替商
 宅配両替などサービスを展開。外貨は決まった単位で両替できるが、100ドルなど切りのいい数量のみ受け付けている。

・空港両替
 成田空港のGPAなどがある。旅行時の外貨の両替には最適。記念コインは対応していない。

・FX会社
 現物受け渡しのできる所に限られる。マネーパートナーズなど一部。

・買取店
 外貨からコインまで換金できる。

どこでも手数料はかかります。銀行や空港が高いと言われていて、買取店は無料がほとんどです。

 

WEB記念硬貨買取おすすめ

買取相場と買取価格

額面と購入金額通りの鑑定額にはならないものです。最高額が付くのも美品か未開封品と言われていて、手垢で汚れてくすんだものは減額されて価値が下がります。未使用未開封は収集家に特に好まれて驚きの高値が付きます。

銀行で外貨を両替するときにも為替相場の影響を受けます。買取業者を利用する場合でも円相場や市場の需給バランスが関係してきます。欲しがるような収集家が減ってきて、価格は下がっていく傾向にあるのです。

円安になると自動車メーカーなど輸出系企業の業績が上がると言います。マン島キャットコインも外国の通貨ですから売値は為替相場など複数の要素で決まります。もちろんイギリスなど外国で交換するなら円相場は関係しないでしょう。

業者のホームページにも参考価格は書いてありますが、実際の鑑定額は見てもらわなければわかりません。価値を調べたいなら査定会社にみてもらうことでしょう。インターネットからも申し込みができて全国対応しています。一部で偽造コインも出回っていて、真贋鑑定して査定額に納得したら買取成立です。

かんたんらくらくおすすめ

おすすめポイント
不用品大量処分!専門知識で高額査定!
特徴
①日本全国対応 ②最短当日現金化 ③大量処分可能 ④手数料完全無料 ⑤専門鑑定士 ⑥クーリングオフ可

若くてフレッシュな会社です。専門分野に強い査定で「速く高く売る」のが特徴になります。年配の方、女性への配慮が確かで、思い出の品物の最後に最適です。イメージキャラクターの坂上忍さんと同じで明るくマナーの良い会社です。時計やテレカ、商品券など一括処分すると10万円以上の例あり!運営会社が変わって前よりも良くなりました。無店舗コスト削減で高く売れる仕組みがあります。

おすすめポイント
ユーザー評価の高さ!
特徴
①日本全国対応 ②女性査定員指名 ③大量処分可能 ④手数料完全無料 ⑤フォローコール ⑥クーリングオフ可

女性査定員指名あり。イメージと安心感。口コミサイトの評価はこちらが上です。サービス満足度向上の為に努力をしています。お客様相談室やサポート体制も充実。申込後、売却成立後にフォローコールがあります。

おすすめポイント
近畿地方のかたにおすすめ
特徴
①郵送査定 ②傷汚れあり可 ③タレント大型キャンペーン ④関西圏に強み ⑤家電などもOK

宅配便でなら日本全国対応。残念ながら出張査定は関東、関西のみなのが3位の理由です。査定額が高いと評判で、郵送だと無料梱包キットもプレゼント。古銭類の経験も豊富ですが、一部売れないものもあることにご注意ください

 

売却処分前に知っておきたいこと
ネットでコイン買取がかんたん初心者でもわかるネット買取
出張買取押し買いクーリングオフどうやる実際?出張買取
コイン古銭鑑定詐欺悪質会社かんたんに記念硬貨高く売る
記念硬貨お店ATMで使えるか記念硬貨お店ATMで使えない?
コイン売却税金課税相続税記念硬貨買取すると税金かかる?
遺品整理自宅整理生前整理時期買取時期はいつがいい
処分先おすすめ理由どこがいいどこが良い?古銭記念硬貨買取おすすめ

マン島キャットコイン種類

キャットコイン種類一覧表
項目 1オンス 1/2オンス 1/5オンス 1/10オンス 1/25オンス
直径(mm) 32.7 30.0 22.0 17.95 13.92
厚さ(mm)
質量(g) 31.103 15.551 6.2206 3.1103 1.244

表面の刻印がそれぞれ違います。マンクスポンドという通貨のとおり、独自のコインがあります。イギリスの王立造幣局発行ではなく、マン島の政府発行のものになります。

コイン査定前の注意点

あなたのクリックが助けになります

『マン島キャットコイン高く売るには?』へのコメント

  1. 名前:goldsilver 投稿日:2016/06/12(日) 19:50:41 ID:9b6dff3e8

    マン島TTレース観戦したついでにキャットコインも購入してみました。
    ただコインを買ったのはIsle of ManではなくGreat Britainです。マン島自体はオフショアなので店が多くはないので、お土産自体は本島で購入しました。

    イギリスといってもあの国は一つでもないので、マン島の雰囲気は独特でしたね。イギリスと言えば投資にも盛んな金融街。「価値が下がらない」「投資目的」という触れ込みで金貨を買わされました(苦笑)

  2. 名前:catlove 投稿日:2016/08/01(月) 00:21:40 ID:f3a989aae

    マン島独自の猫と言ったらマンクスですね。元々イギリスは島国ですから独自品種が出やすい。日本のようにガラパゴスかというと、そうでもないですけど。ただ最近イギリスはEU脱退して独自路線を歩もうとしてます。ガラパゴス化してくんでしょうかね。マンクスもけっこうかわいらしいですけど、イギリス猫というとパッとしない印象。アメショーみたいに日本人人気もないです。

  3. 名前:qwerty 投稿日:2016/09/10(土) 08:28:12 ID:1b8a3d8c3

    イギリスのアンティークコインは世界でも有数のプレミア。経済や金融の中心と言ったらやっぱりアメリカ(NYウォール街)イギリス(ロンドン)ですから。投資家や富豪が買うからこそ、世界一のプレミア価格になります。一般庶民が100万円で買うのとはケタが違う話です。コインオークションでも一つ10万円から50万円のものが多いですし、実際1億円以上の出品がたくさんでるわけないですよね?欧米の実地オークションというと格式があって雰囲気も特別。英国人の文化が出ています。

  4. 名前:名無し 投稿日:2016/09/14(水) 23:23:39 ID:f8a501d15

    金貨は有名人でもいれれば売れるんだろう。エリザベス女王もある意味タレントみたいなものだし、君主だといっても人気商売だね。日本のコイン作りでも天皇陛下をプリントしたって売れないかな?女王陛下でフェミニストの国だからウケるとかあるわけで。