古銭記念硬貨買取トップ買取で10万円!
ランキングで比較

バイカラークラッド貨買取が必要な理由 両替よりも高く売れる?

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例
財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手買取価格50万円
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

査定方法

WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き
WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き

バイカラークラッド貨価値いくら

baika-1

査定すぐ終わる

迷ったらここがおすすめ

記念硬貨優良鑑定先
福ちゃんロゴバイセル買取プレミアム公式HP
無料メール査定らくらく
早さで評価
中高年向き
期間限定査定額アップ
女性査定員指名あり
対応が特にていねい

そもそもバイカラーとは英語で2色を意味しています。多層構造で2層や3層などで原材料も異なっている特殊なコインと言えるでしょう。

バイカラークラッドとは
地方自治法施行60周年記念500円貨で用いられている偽造防止技術のひとつで、高い偽造抵抗力を持ちます。
このバイカラー・クラッド技術は、異なる種類の金属板をサンドイッチ状に挟み込んで(クラッド技術)できた円板を、それとは異なる金属でできたリングの中にはめ合わせた(バイカラー技術)ものです。

造幣局HPより引用
http://www.mint.go.jp/faq_coin#faq26

記念硬貨として2008年(平成20年)以降500円バイカラークラッド貨が発行されることになったのです。昔の古い貨幣とは違って毎年地方自治体から発行されるもので価値に一部の貴重なものをのぞいてプレミアが付くことはないでしょう。ただ500円の価値があったものが800円、1,000円という金額で買取できます。

都道府県ごとに貨幣セットが発行されたため、種類によってはプレミア価格になるものがあります。寛永通宝(古銭)のような中央に穴が空いて三層構造になっています。普通の500円玉とは違っているため自動販売機や商店での使用はできないはずです。

バイカラークラッド貨買取相場

地方自治法施行60周年記念というのは東京オリンピックなどよりはプレミアにならないと思うかもしれませんが、予想よりは買取価格は高いのです。バイカラークラッド貨の貨幣セットであればまとめて売ることで金額は高くなりやすいのです。

元々が500円という価値ですが、新潟県のプルーフセットなら1,500円以上の査定額が期待できます。佐賀県なら大隈重信、高知県なら坂本龍馬のように歴史的な偉人が刻印されているため、売値はコレクターからも人気が出て高くなるのでしょう。

中古品の買い取りは人気(需要)にも影響します。発行部数も10万枚から100万枚以上製造され、市場の流通量も相場に影響するはずです。近年コレクターの減少から買い取り相場は下がる傾向にあり、適度な時期に決めて処分することをおすすめします。

かんたんらくらくおすすめ

査定すぐ終わる
記念硬貨優良鑑定先
福ちゃんロゴバイセル買取プレミアム公式HP
無料メール査定らくらく
早さで評価
中高年向き
期間限定査定額アップ
女性査定員指名あり
対応が特にていねい

買取価格を上げる方法

baika-2

模様の認識ができる貨幣を対象とします。具体的な引換基準は以下のとおりです。ただし、災害その他やむを得ない事由により量目が減少した貨幣については、以下の基準にかかわらず、模様の認識ができることを条件に額面価格の全額をもって引換えます。
イ. 金貨
量目の98%以上のものについて、額面価格の全額をもって引換えます。
ロ. 金貨以外の貨幣
量目の2分の1を超えるものについて、額面価格の全額をもって引換えます。
5.損傷現金の持込時の整理等

日本銀行HPより引用
http://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/money/c09.htm/

銀行の両替なら基本的には1:1での交換になるでしょう。記載にある通り、破損しているものは減額か価値が0になり両替がされません。地銀など一部では対応しないこともあります。買取業者に鑑定依頼することで買取価格は上がることになるでしょう。

実はバイカラークラッド貨(記念コイン)は店頭でなくとも鑑定ができます。昔は質入れしていたコインやブランド品なども、今は利息不要で現金で受け取りをすることができるのです。ゲームや本を買取店に持ち込むのとおなじ感覚で気軽に利用できます。

出張買取なら自宅に鑑定士が訪問してくるので、店探しをする必要もありません。バイカラークラッド貨、古銭から古いお金を処分するのに最適な方法と言えるでしょう。

   

買取査定見積もりどこがいいかわかる
査定のみもOK
コイン専門査定会社
買取比較はこちら

コメント

  1. 匿名 より:

    日本のお金(コイン)はダメだね。

    世界でも数枚しかないアンティークコインなら1億円以上あるよ。

    ウルトラハイリリーフ金貨なんて1枚で4億円ですよ。

    製法が特殊だとか、鍛造技術がスゴイとかじゃないんですよ。

    コインの価値は希少性や人気、材質、純度などで決まります。

    バイカラークラッド貨幣も製造枚数が多いので、売る人が極端に増えたら価値が暴落。

    低金利ですから金投資も関心あるでしょうけど、やっぱりそんなに買う人っていないから。

    コインショップや骨とう品屋だってそんなに人来ないでしょう。

    おたからやや大黒屋といったフランチャイズ店はあるけど、閉店することも多いんですよ。

    古銭や記念硬貨だけ買取販売しても厳しいでしょう。

    中古ショップって毛皮やブランド品、金券など取り扱ってる。

    お金になるものなら何でもやらないといけないわけ。

    コレクターも減ってるし、よほどのレアなもの以外はうまみも少ないんじゃないかなと思いますね。

  2. 通りすがりのコインディーラー より:

    バイカークラッドは地方自治体発行でデザインは豊富。

    しかし、投資で人気があるでもなく、一部の年代が貴重なこともないものです。

    そもそも、記念イベントのもので金儲けとは違うのでしょう。

    外国のコインが高額だと2chでも騒いでいます。

    日本のバイカラークラッド貨幣はというと、干支年で価値が変わったりすることもあるようです。

    最近の人気(価値)は歴史的な偉人や建造物でなくなってきています。

    ただ、造幣局が製造するもので一般人が好むようなものではないですから。

    まさか、アニメマンガキャラクターにはしないでしょう(笑)

タイトルとURLをコピーしました