古銭記念硬貨買取トップ買取で10万円!
ランキングで比較

10万円記念硬貨は買取できない? 理由と処分先

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例
財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手買取価格50万円
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

10万円の記念硬貨は実は換金先が少ないんですね!もし交換できなければ、ただの収集用コインになります。買い取りできないなら売り先探しが重要ですね

コインメダル鑑定ガイド役

 

査定方法

WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き
WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き

10万円金貨どこで売る

Q.10万円金貨はお店で使える?
A.記念金貨は貨幣(お金)と同じのため、店では使えることになります。ただ普通の商店では使用できないこともあります。スーパーやコンビニなどです。貴金属店や宝石店、コインショップでなら使用できるはずです。

Q.銀行、郵便局、ATMで使える?
A.10万円の記念硬貨は銀行で交換できることになっています。ただ昭和天皇御在位60年記念金貨は金融機関では引き換えができません。郵便局は両替は専門でないので、時間や手数料がかかることがあります。銀行ATMは両替できません。自動販売機でも使用できない種類があります。

Q.10万円の記念硬貨は両替と買取どっちがいい?
A.価値が高いため、10万円以上の買取価格が出ることもあります。10万円以上の鑑定額なら買取です。昭和天皇御在位60年記念貨幣は買取もできないことがあります。

Q.ヤフオク、メルカリ高く売れる?
A.ヤフオクの平均落札価格は10万円以下になることもあります。まれに高額例も出ますが、落札者も価格や相場について詳しくなっています。自分で売る場合、作業量が増えます。大量処分する場合はさらに作業と手数料も増えるでしょう。

Q.買取会社多いけどどこがいい?
A. 偽物やキズ汚れが多い金貨では断られることもあります。会社選びのポイントになるでしょう。
・おたからや 駅前店舗で有名。査定や対応は店ごとに違いが出る。宝石やブランド品が得意分野。
・大黒屋 同名類似店が多い。質入れと販売買取が選べる。オンラインも多用。記念硬貨は種類次第では買取拒否。
・コイン商 会社ごとの差が激しい。記念硬貨は種類しだい。
・バイセル CMなどで知名度が上がってきた。出張郵送で全国買取可。コインメダル類なんでも。早さが特徴。

 

10万円金貨は買取会社に相談してみることをおすすめします!換金先は見つかりますよ。売れなかったらただのコレクション。フリマであげるには少しもったいないですね

コインメダル鑑定ガイド役

 

かんたんらくらくおすすめ

査定すぐ終わる
記念硬貨優良鑑定先
福ちゃんロゴバイセル買取プレミアム公式HP
無料メール査定らくらく
早さで評価
中高年向き
期間限定査定額アップ
女性査定員指名あり
対応が特にていねい

10万円金貨参考価格

項目販売価格落札価格
天皇陛下
御在位60年記念
117,300円62,570円

プルーフ金貨
126,500円118,744円

(61年62年)
233,500円211,150円

銀・白銅貨
130,000円94,882円
天皇陛下
御即位記念金貨
113,300円136,000円

白銅貨
106,090106,150円

※販売価格は造幣局 ショップごとに価格は違う
※落札価格はヤフオクの平均落札価格より

買取価格は取扱の会社次第です。貴金属店なら純度や重量で買取価格を決めます。銀行は額面の10万円が原則です。買取専門店は独自の価値基準で価格を決めます。

◆金価格からみた10万円記念硬貨
2017年12月07日
税込買取価格
金1g 4,984 円

・昭和天皇御在位60年記念
重量20g
金としての価値 99,680円

・天皇陛下御即位記念金貨
重量30g
金としての価値 14,9520円

中古品の買取価格は品質や付属品、種類や人気、在庫などで変わります。10万円記念貨幣は木箱入りやブリスターパック入りなどセット品として販売されました。ただ裸のコインと、セット完品では相場に差が出ないこともあります。

アンティークコインや古い日本金貨でも10万円以上の鑑定額が出ることもあります。金貨のプレミアム、つまり製造コストや諸経費などが高くなるのです。レアな種類ではプレミアがついて、数倍から10倍以上の買取価格になることもあります。

普通の記念貨幣では買取ができないこともあるのです。これは購入したときより損をすることもあります。銀行でも交換できないなら、「安くてもどこかで現金化する」ことです。

タイトルとURLをコピーしました