古銭記念硬貨買取トップ買取で10万円!
ランキングで比較

おすすめここ 小笠原諸島復帰50周年銀貨買取価格

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例
財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手買取価格50万円
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

小笠原諸島の記念硬貨は銀行両替できない?換金先を調べておかないと、ただのコイン。お店では実質使えないので下調べが大切です。

コインメダル鑑定ガイド役

 


小笠原諸島復帰50周年千円銀貨
買取相場 5,000円~
小笠原諸島復帰50周年記念硬貨表小笠原諸島復帰50周年銀貨裏
項目参考価格
額面価格1,000円
造幣局販売価格9,000円
JNDA販売価格15,000円
金融機関引換不可
傷汚れあり-1,000円~
コインのみ-1,000円~
小笠原諸島復帰50周年記念メダル
買取相場 10,000円~
記念メダル表記念メダル裏
項目参考価格
額面価格
造幣局販売価格23,000円
JNDA販売価格
金融機関引換不可
傷汚れあり-1,000円~
コインのみ-1,000円~

※価格は参考です

画像は財務省より

買取価格一覧表
日本記念硬貨 買取価格一覧表記念硬貨
外国コイン 買取価格一覧表外国硬貨
現行お金買取価格一覧表現行お金
鑑定会社比較ランキング表買取比較ランキング

どこで売る?処分先

査定バイセル

バイセル

年間数万件以上の実績!
人気沸騰中おなじみのお店

バイセルは記念硬貨、古銭に詳しいことが一番の理由です。小笠原諸島復帰50周年がただの銀のかたまりだったら、値段は1000円以下。

価値の高いプレミアムと評価するなら数千円の査定額。

土日でも無料出張できるので便利。このサービスの良さがおすすめポイントです。買取業者はたくさんありますが、安すぎるのは当たり前。

バイセルで一度確認してみて違いを確認してください。


買取プレミアム

買取プレミアム

どこでも同じと思ったあなた。金貨や銀貨は比較すると1000円以上の違い。

下手をすると1万円以上の違いが出ることも。小笠原諸島復帰50周年や1万円金貨などのコレクション。コレクターの処分品ほど高く売れるものです。

買取プレミアムの良いところは、自宅整理にピッタリなこと。大量処分向きで、ここも全国出張対応。

古銭から記念メダルや切手コレクションなどが一度に換金できる。手間が省けて、断捨離がスイスイ進むでしょう。

買取先どこがいい?

近くのリサイクルショップ。高く売れるところではないですよ。もっと専門性があるところを探しましょう

コインメダル鑑定ガイド役

 

Q.このコイン売れるの?
A.売れます。ただゲオやブックオフのような中古ショップでは売れません

Q.新品未開封以外は売れない?
A.売れます。価値が下がってしまうので、フルセット完品にして査定に出しましょう。

Q.ネットで査定申し込み予約できる?
A.できない会社もあります。できるところでも対応が遅かったり悪いこともあります。良いところを選びましょう。

Q.高く売る方法とは何?
A.早めに売ること。中古品はどんなものでも早く売るのが高価買取。ビンテージとかプレミアが付くものはごく一部だからです。

Q.換金先探しのポイントは?
A.鑑定料や手数料、買取価格。安いところは本当に安いです。手数料で1000円以上かかることもあるため、手数料無料も比較ポイントです。小笠原諸島復帰50周年記念硬貨はレアコインですが、品物の価値がわからないところだと安くなります。

 

 

どこで売るかお悩みですか?

記念硬貨優良鑑定先
バイセル買取プレミアム公式HP福ちゃんロゴ
専門で早く高い
中高年向き
関西向け

今後の価値は下がる?

記念硬貨価値・買取判断表
項目評価詳細
希少性C
5万枚は少ないので希少価値はある
人気話題性B
領土返還の歴史と小笠原諸島の象徴動物
プレミアム性B
希少価値からプレミアム性がある
資産価値C
記念硬貨は値下がり傾向 銀貨資産は価値が低い
値上がり期待C
銀貨は値上がりしにくい
値下がり予想B
銀貨の買取価格は下がる傾向
品質価格変動B
ケースや箱がないと価値が下がる
換金性C
日本の銀行で換金できない 業者かオークション
デザインB
小笠原固有の生き物とカラーコインという珍しさ

 

日本のコインは価値が下がってきています。これは江戸時代の古銭でも同じ。明治、大正、昭和の古銭が値崩れ中です。

記念硬貨はまだ価値を持っています。近年発行されていること。高値で取引されていること。まだまだ高く売れます。

ただ将来値下がりすることもあります。現実に多くの銀貨が下がってきました。金貨でも値打ちが下がっているくらいです。

金や銀の相場を見ればわかることでしょう。コレクターの処分品が増えていて、値段が下がっていくのです。

記念硬貨の詳細情報

小笠原諸島復帰50周年銀貨
発行年平成30年
表図柄ハハジマメグロ、ムニンヒメツバキ、南島扇池
裏図柄ザトウクジラ、ミナミハンドウイルカ、アオウミガメ
素材品位銀100%(純銀)
重さ31.1g
直径40mm
発行枚数50,000枚
販売時期販売終了
購入先
造幣局の販売は終了
特徴
プルーフ貨幣のみ 片面カラーコイン 特製ケース付 記念メダルもあり 記念メダルは5千個カラー印刷のレリーフ加工

 

小笠原諸島の記念硬貨は買取業者でも売れます。古銭専門店は少ないので、ネットで探せばかんたん。

全国対応(一部のぞく)で便利なところもあるのです。お店へ行かなくてもいいので、換金先を見つけておくとあとあと困りません。

自宅整理、断捨離は予想より時間がかかります。時間のあるときに整理しておかないと、価値のあるものまでゴミ扱い。損してしまわないように注意しましょう。

WEBで3分申込 夜間休日でも受付可
専門鑑定士で確かな査定
折り返し電話で相談 査定のみも無料
タレント坂上忍でキャンペーン
タイトルとURLをコピーしました