古銭記念硬貨買取トップ買取で10万円!
ランキングで比較

昔のお金を本当に売るつもりの人以外は見ないでください

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例
財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手買取価格50万円
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

査定方法

WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き
WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き

昔のお金の価値

お金大事にしてますか?

老後に頼りになるのは、子供や親せきでしょうか?

お金がなければ犯罪に走るようになります。高齢者の犯罪が増えてしまっていて、他人事でいられるのでしょうか。

昔のお金でも使い道しだいで宝物にもなります。

これはそのままではお店で使えなくても、換金すれば元の価値より高くなることだってあるのです。

1円札が高価だった時代がありました。日本の物価が上がっている証拠です。

日銀に文句言っても誰も相手にしてくれません。

お金がないんだから、生活用品くらい安くしろよ!と誰でも叫びたくなります。消費税も高すぎですよね・・・

最近ではリサイクルが流行っています。資源回収というよりも、お金の再利用です。

いらなくなったものでも、売るといくらかのお金になります。

古本や切手、古着なども一つで100円だったとしても10個なら1,000円。100個なら10,000円になります。

昔のお金でも、びっくりするほど高価買取になるものもあるんです!

昔のお金の価値高価買取

査定すぐ終わる

迷ったらここがおすすめ

記念硬貨優良鑑定先
福ちゃんロゴバイセル買取プレミアム公式HP
無料メール査定らくらく
早さで評価
中高年向き
期間限定査定額アップ
女性査定員指名あり
対応が特にていねい

種類判別方法

大判金

慶長大判明歴・大判金
五三桐 花押 年代印 座人印
楕円形


徳川幕府時代の昔のお金。儀式や鑑賞用などに用いられた。現存数は少なく、日常的には使用されていない。鋳造量(ちゅうぞうりょう)も少ない貴重な金貨。大きさは江戸初期の頃が大きく、末期には半分ほどのサイズになる。極印(きわめいん)で他の金貨との見分けがつく。

小判金

慶長小判・小判金
光次 五三桐 壹两
楕円形



形は大判と似ている。大きさは半分以下。重量やサイズはそれぞれ違う。製造場所でも刻印や形が異なる。町人や商人、武士などが普段使っていた。製造された数も多い。江戸時代の昔のお金といったら小判が有名。

昔のお金は銀行交換できる?

銀行で両替はできます。

しかし、手数料もかかって時間もかかります。

破損があると減額されて金額が下がる!

機械処理するなら両替できないこともあるでしょう。

銀行は買取業者じゃないんです。

 

昔の〇円は現在ではいくらになるのか、といった過去の貨幣価値の現在における換算については、何を比較対象に用いてその価値を計るのかによって数値が変わりますので、明確にお答えすることはできません。

造幣局のHPより引用
http://www.mint.go.jp/faq_coin

 

お金を作ってる造幣局が言うんだから本当でしょう。偽造もありうるので真贋鑑定をしないといけないのです。

江戸時代の小判を持ち込んでも、これくらい古いと銀行員さんも困りますよね?

小判っていくらだと思いますか。昔でいうと両とか銭の時代ですよ。

銭形平次が銭投げするような頃です。金貨の小判は今でいうと数十万円以上の査定額なんでしょう。

昔のお金はどれが高く売れる?

明治時代の金貨。
これも年代で査定額が違います。

 

1円金貨明治4年⇒約2万円
1円金貨明治9年⇒約10万円以上
※買取店の参考価格より

 

ちょっと昔にギザ十が話題になりましたが、これも昭和初期のお金より安いのです。

昔のお金にはそれだけ価値があるということです。

同じ昭和のお金でも、今の福沢諭吉よりは聖徳太子が高くなりやすいのです。ちなみにこれは銀行で両替すると同じ1万円。

この低金利時代、銀行ではお金は増えないのです。むしろ○手数料といってお金をとられがちになります。

ATMが便利といって、知らない間に手数料を引かれているのです。

昔のお金は持ち込み先しだいで価値が変わります。

売るならどこがいい?

買い取り店といえば、全国展開しているのがおたからや。しかし有名店のチェーン店は閉店するところもあって、去年あったはずなのに消えてることもあります。

行こうかな?と思っていると営業時間外だったりします。遠くの店に行くと、こういうことで無駄足になることもあるのです。

 

◆買取店のチェックポイント

  • 出張査定
  • 郵送買取
  • 店頭買取

 

日本も物騒になってきて、ひったくりや強盗も増えてきました。

金品を持ち歩くお年寄りは狙われがちです。女性や高齢者なら出張や郵送で安全に査定ができます。

昔のお金は一つで1,000円、10,000円以上の価値が付くこともあります。

100円明治通宝なら100万円以上の鑑定になります。

おたから探しするようでドキドキしますね。

埋蔵金発掘するようなロマンもあります。これは両替では起こらないことなのです。昔のお金を売ることで夢がふくらみます。

コメント

  1. Tatebayashi より:

    銀行でも両替できないものはあるんですね。特に明治以前のものは両や銭の単位ですから当然でしょうか?

    額面と違うなら鑑定次第ということになります。最近は詐欺会社や悪質訪問買取も多いので信頼できる査定員さんにお願いしたいですね。古いお金というだけならいくらかはわかりませんから。

  2. かけだしディーラー より:

    お金の価値=価格は動いています。日本円も毎日価格変動していることからもわかるでしょう。為替レートは国と国の力関係。これが昔のお金ではどうなるでしょう?

    取引する人(業者や購入者やディーラー)がいて相場は成立します。閑散相場というのは取引する人が少ない状態。昔のお金としても、コインディーラーやコレクターも関心が低いものもあります。

    彼らにしても人気のあるもの、価値の高いものに惹かれるわけです。コインショップも古銭を主に取り扱う業者もいますが、アンティークコインが人気であればそちらを扱うこともあります。お客様商売をするのはコンビニや百貨店などで、専門が決まっているなら販路も決まっていきがちです。今やインターネット取引する時代ですから、販路は増やせば増えるもの。古銭と米国貨幣が並んでいてもなんら不思議はないと言えるでしょう。

  3. やまじい より:

    古いものなんてゴミみたいになってくる。明治の1銭といってもくさるほどあるんだから安いにきまってるでしょ。江戸時代より前 秀吉信長時代とか、鎌倉平安時代の金が見つかったら国宝級なのかもしれない。そんなものがお蔵にあるわけないし、そもそもあったら家宝になるようなシロモノなんだから。現存するものが少ないし、博物館に貯蔵されてるものは寄贈されたもので特別なんだよ。貧乏な家の押し入れにお宝があるわけない。

タイトルとURLをコピーしました