古銭記念硬貨買取トップ買取で10万円!
ランキングで比較

昔のお金の価値 暴騰したら?昭和以前の貴重品

高く売るも安く売るもあなた次第
古銭コイン査定額下がる警告!値下がりの例こちら
買取価格13万円⇒9万円 銀貨が安くなった?金貨の値下がりも
現行お金買取価格一覧表今のお金レアコイン
額面以上千円例
財布タンスにお宝が?
コインアルバムホルダーコレクションコインコレクション 使わない金券
テレカ、商品券、切手買取価格50万円
※個人差あります。お値段が付かない例もあります
誰でも高額査定を出す方法
もっと詳しい買取価格一覧表
全国対応おすすめランキング

 

査定方法

WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き
WEBからかんたん申込
人気比較1位
専門性が高い
人気比較2位
スピード感が特徴
人気比較位
大量処分向き

いくらになるか?価値どれくらい

昔のお金の価値

結論から言いますと、種類によっては1万円以上・10万円以上の価値があります。残念ながら千円・百円だったとしても、鑑定されるまで期待感が出ませんか?

埋蔵金やおたから発掘するようなものです。

古いお金といえば大昔の石でできているものがありました。金本位制を採用していた時期もありましたが、貨幣は今や国の信用度で決まるようなものです。アベノミクスから再び日本円の価値は下がり円安へと進行しました。お金は金でも銀でもないため、通貨の価値も為替レートなどから上下します。

とにかく昔のお金の価値は鑑定して決まるのです。

一覧表に1万円と書いてあっても、実際に見積もりしてみたら千円ということもあるんです。

昔のお金は市場次第で金額が決まります。古銭、コインなどを買取販売している業者で相場が決まるでしょう。昔のお金といっても安いものから偽物まであるため、きちんと鑑定してみる必要があります。一部のお金はそのまま使用できることになっていますが、

お店などで不審に思われたり使用できずに断られることもあるでしょう。現在の日本円に交換しておきましょう。

 

買取店での価値

昔のお金の価値昭和以前の貴重品

現実的に江戸時代以前の貨幣は現存するものが少ないとも言われています。例えば江戸時代の大判小判は買取店では以下のような価格がつきます。

◆参考買取額
・天正長大判⇒約100万円
・慶長大判⇒約50万円
・元文一分金⇒約5千円

同じ江戸時代でも小判と金貨では売値に大きな差が付きました。貴重なものなら価値は上がるのが中古品なのです。昔のお金の価値でも超高額査定のプレミアものならテレビで取り上げられてもいいくらいの価値になるでしょう。

価値を知る方法

中古車には自動車雑誌や中古車情報誌があります。こうした情報から車種ごとの相場や売値を知ることができますね。しかし古銭や昔のお金はカタログ資料も少ないため、自分の持っている貨幣の価値がわかりません。

鑑定しなければ本当の値段を知ることができません。質屋や銀行、大手の買取店など持ち込み先は複数ありますが、おすすめしたいのは無店舗型です。ここではお客の望む希望額に近い値段を出せます。

「買った時に10万円したので70%くらいで処分したい」と考えたとしましょう。

しかし現実は50%以下も普通に起こることなのです。中古品は劣化や破損などがあるものですから、購入代金を大幅に下回るもなのです。一部の美品や未使用品はプレミア価格になりますがそれ以外は値段は予想以上に低いことでしょう。

しかし、この相場よりも高く売る方法もあります。

高額査定するには交渉術や比較などよりも、元々高い金額を提示できるところを選びましょう。

査定すぐ終わる

迷ったらここがおすすめ

記念硬貨優良鑑定先
福ちゃんロゴバイセル買取プレミアム公式HP
無料メール査定らくらく
早さで評価
中高年向き
期間限定査定額アップ
女性査定員指名あり
対応が特にていねい

お金の歴史的価値

21世紀の現代では仮想通貨(電子マネーやカードなど)が登場し、今後のお金のあり方を変えていくかもしれません。しかし紙幣、硬貨は和同開珎の飛鳥時代のころから日本のお金の主流です。仮想通貨は便利なように見えますが不正利用や対応ショップの少なさなど問題点も抱えています。

日本政府は代替わりするたびに貨幣改鋳を行ってきました。江戸時代以前の昔のお金は現存しづらい理由がここにあるのでしょう。明治時代以降でも貨幣は様々な形で流通してきました。物価が違う時代で1円でも数万円の価値があったころのことです。これはそのまま両替したりせずに鑑定してみましょう。

古い貨幣とは製造技術や資源の歴史でもあります。今は偽造対策が何重にも施されていますが、それでも偽札は出回っているのです。昔のお金でも貨幣の純度や政府の信用度などからも金額が変わり、市場原理とは違った値段の付け方になるでしょう。金本位制が続かないのも金という資源の希少性があると言われています。

大判小判はもちろん金でできています。紙幣などとは違い、金には独自の価値があります。投資や財産など様々な理由で保持されるものです。コレクターでなくとも魅了される金貨は特に価格が高いことでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    買取店は複数あたってみました。
    大手の店だとなかなか引き下がらずに話も難航。
    質屋では利息の支払いを考えると損する気になるのでとりやめました。
    リサイクルショップは古いお金は対応していないとのこと。
    そもそも昔のお金ですから取引先は限られます。
    値段を聞くだけでしたが、後々で後悔しないのはどこかが判明してきます。色々な業者をあたってみるのがいいですね。

タイトルとURLをコピーしました